クリックでTopへ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
◆SEARCH

◆CATEGORIES
◆NEW ENTRIES
◆RECENT COMMENTS
◆RECENT TRACKBACK
◆ARCHIVES
◆OTHERS
RSS1.0
Atom0.3 ジュゲムバナー ペパーボーイバナー ブログドウメイ
JUGEM TEMPLATER 同盟
大泉洋バカ同盟

adminID:

password:


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< キヌガサ。 | main | ヴァンヘルシングを見てきた(笑) >>
1×8の行き先
昨日1日、さぼっている間(昨日だけじゃないです・・・すいません)に、
Riezo@大阪さんのこちらの記事
屋根裏月夜さんのこちらの記事によると

サンテレビでの「1×8行こうよ!」が10月いっぱいで放送終了とのこと。

「どうでしょう」界隈で、最初大泉さん目当てで放送を見始めた方々が、
あっという間に木村洋二サンの「あ〜た」なミリョクに嵌られていく
のを見るにつけ、半年で終了になってしまうなどとは想像もして
おりませんでした。
確かに、「北海道ローカル」なネタだったので関西のヒトには
受けなかったのかなぁと思ったりもします(除「どうバカな方々」)。
一番最初の1×8の放送が始まったときにもそういうエントリー
した記憶もございました。

ただ、今となっては「1×8」をやめて他の番組を放送しても
それ以上の視聴率が稼げる番組を持ってこられるのか!>サンテレビ。
という疑問もフツフツと沸き起こってくるわけです。

一応、サンテレビに再び放送してくれるようにメールを送って見よう。

今日のシゲさんの「なぞなぞマン」の姿を見るにつけ強くそれを
思っております(・・・それってどうなの)!


*追記*
メールを送ってみました。他のサンテレビを視聴されている方々も
お願いのメールを送っていらっしゃるのかなぁ(笑)。自分1人だと
ちょっと恥ずかしい内容(すごく人気があるというような内容で
送ってしまいましたよ(笑))のメールな気が・・・。
| 1×8 | 13:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:15 | - | - |
■■ MAUKIE ■■
◆RECOMMEND

猫さまとぼく
猫さまとぼく
岩合 光昭

サーチ:
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト


■■BBS■■
◆LINKS
■■ Blog People ■■  
BlogPeopleガチャガチャブログ
■■ My Blog List ■■
myblogバナー
◆PROFILE
体型は近い(自虐)

◆MAIL FORM
メールでご連絡のある方は こちらからお願いします。 ([+]をクリックしていただくとFORMが表示されます)
topへ戻る
>「あ〜た」

「あ〜たね、なに言ってるのよ。私がそんなことする
わけないでしょ。ほんっとにも〜。しっかりして
ちょうだいよぉ〜。」

ってなかんじでしょ?w>洋ちゃん

#北海道の奥様連中で「洋ちゃん」といえば木村洋二
#ですw

こちら(北海道)で放映された本日の1×8は・・・
ある意味ネタばれになりますので書きませんw
| 2004/09/26 10:22 PM |
ふるかわさん、いらっしゃいませ。

「あ〜た、そういうけど終了になっちゃうでしょ。
終了になったら、あ〜たの不器用で笑えるところを
見ることができないわけ。あ〜たの姿なんて、
ここ関西ではこの番組で見る以外見られないわけ。」

ということなんですわ(笑)。北海道に居るときは
木村サンは別に好きでもなんでもなかったんですけど
やっぱり北海道が懐かしいからなんですかねぇ。

あ、木村さんって山口のヒトだったけど。

本日の1×8・・・むむむ。知りたいです(笑)。

| 2004/09/26 10:58 PM |
TBありがとうございましたー。
本当にどんどん1×8の魅力に引き込まれていきましたよ。
(木村鳳凰の魅力?)
あのどうでしょうとは違うユルさが良かったのに・・・
なんとか早く復活してくれることを祈るばかりです。
もちろんお願いメールは送信済みですよぉ。
| 2004/09/26 11:02 PM |
みたまさん、いらっしゃいませ。

こちらこそご挨拶が遅れてもうしわけありませんでした。
1×8は、「どうでしょう」と違った余裕?みたいな
ものがあった気がいたします。
(やはり●TBとS●Vの資金力の違いかしらん)
そのためと、木村さんのキャラのせいで「ほわわぁん」
とした雰囲気が溢れていたと思うのです。

でも、そのゆるゆるな感じが関西の鋭い笑いが
好みの関西の方々には受けなかったのかなー。

今回の番組編成を変更させるのは無理だとしても
次回には必ず、また木村鳳凰の「あ〜た」を
是非聞かせていただきたいものですよね。



| 2004/09/26 11:23 PM |













ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。