クリックでTopへ
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
◆SEARCH

◆CATEGORIES
◆NEW ENTRIES
◆RECENT COMMENTS
◆RECENT TRACKBACK
◆ARCHIVES
◆OTHERS
RSS1.0
Atom0.3 ジュゲムバナー ペパーボーイバナー ブログドウメイ
JUGEM TEMPLATER 同盟
大泉洋バカ同盟

adminID:

password:


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 本当に今更なんですけど(1) | main | 本当に今更すぎる(3) >>
本当に今更なんですが(2)
(1)は、ここ数日で珍しく1度で無事エントリーされた模様。でも、確認のために開いてみる自分のBlogの表示がすでにすごく重いです・・・。アブナイ時間がすでに刻々と迫っている気がする。最近のJUGEMさんってある意味サスペンス映画に近いですわね・・・・。

そんなわけで続きです。



7.「星空のコマンタレブー」(大門通)
大門の顔をちらっとしながら(笑)歌がはじまりました。バックコーラスとして新人の大下さんが加わっていました。大下さんも歌がお上手(なのだそう←伝聞:大泉さんの歌の邪魔になってなかったのでたぶんお上手(笑)・・・よくわからないのでひどい扱いですいません(笑))。「星空のコマンタレブー」は、詞はおいておいて(笑)、曲はすごく好きです。大泉さんも気持ちよさそうに歌っていました。ペンライトも本当に「星空」のように見えました(ペンライトがキレイに見えるのは2Fの立ち見席にいた特典でしょうか(笑))。

その後に大泉さんからもペンライトがキレイだったというMCがはじまり、スタレビさんよりビデオがとどいて「僕たちの領域まで侵さないでください」みたいな事をスタレビの根本さんが言っているのを聞いて大泉さんが笑っていました(このへん(というか、全体的に)もうすでに記憶があやふやな上、自分の感想を書く前にいろんな方々のレポを拝見しているうちにわけがわからなくなっておりますが、他にも色々大泉さんがいっていたかもしれません)。

大泉さんが自分も緊張したけど、みていたみなさんも緊張したでしょうというMステの話を始めると、でてきたのは何かちょっと違うタモリさんとアシスタントの女性アナ。社長が扮したスモさんと小橋さんでした。社長のスモさんは私の席からみていると全然似てなかった(笑)のですが、小橋さんは完璧にMステのときのアシスタントの人の言葉を覚えていたみたいです。2人はモノマネ(?)だけして本物のMステ以上に大泉さんにフルこともせずに帰ってしまいました。

8.「本日のスープ」(大泉洋)
大泉洋 with STARDUST REVUEではなく、大泉洋だけの「本日のスープ」。(ああ、with 大下?←下の名前調べる気がないようだ(ヒドイ))CDよりもTVで歌っている時よりもずっと上手でした。人前で歌うのに慣れてきたっていう感じでしょうか。他の方々よりやはり余裕がある気がします。STURDUST REVUEさんがいない分自分の場で歌っている?感じもしました。もちろんSTARDUST REVUEさんの素敵なハーモニーとともに歌う大泉さんもいいと思いますけどね。

ここで「大泉洋オンステージ」が終わり。「What's真池龍」は歌ってくれませんでした(笑)。どうやらあの歌はキライらしいです(笑)。でもフリもお化粧もなくてもいいから、あの曲も生で聴きたかったです。安田さんの作った曲らしく(笑)明らかに他の3曲と曲調が違っているので(笑)。

オンステージは終わりましたが、次も出番がある大泉さん。

ステージのディスプレイにFANTANが映っていたらしいですが、覚えていない(笑)。でも映っていたはず。次の曲からして(笑)。

9.「起きないあいつ」(FANTAN)
大泉さん早替えですね。髪はいつものFAN兄さんにしてくる時間もないので(笑)そのままです。二人とも何かのアーティスト(?)になっている模様です。アーティストすぎて何言ってるのかさっぱり(笑)。
その後歌おうとすると、たぶん「ハナタレナックス」の企画で出てきた「おにぎり?」という人々がでてきました(笑)。「ハナタレナックス」は全然見られる機会がない道外人なので設定がよくわからりませんが、音尾さんがドレッドのカツラをかぶっていた気がするのでFAN兄さんのニセモノなのでしょうか(笑)。「みつめていたぃ〜ナニしていたぃ〜」とリーダーと共に歌っていた音尾さんは、1曲目が終わってからこの扮装をずっとしながら楽屋で待っていたそうです。ごくろうさまでっす。FANTANが台湾デビューした話をして、自腹なら台湾に付いてきてもいいと「おにぎり」さんの方が言われてました。(もはや話していたネタが断片的にしか記憶がない・・・・)

「おにぎり」が退場した後、今度こそTAN兄さんが「・・・では聞いてください」と言うと、また、

別な白い人たち(WSの南郷さんと本郷さん)が登場。ただ、こっちの白い人たちは、「見つめていたいぃ〜、ナニしていたぃ〜フンフンフン(その後の歌詞は覚えてない様子)」とだけ歌うだけ歌って去っていきました。「なにか話して行けよ!」と大泉さんが言ってました。話してはいきませんでしたが、本郷さんのほうは、ニセFAN兄さんと同じく1曲目の後からずっとこの姿で楽屋にいたそうです。おつかれさまでっす。

今度こそ今度こそ(笑)本物の「起きないあいつ」。
・・・上手だったんですが(笑)、その前のネタやら小芝居やらでどんな感じだったのかあまり記憶がないんですけど。また近くで「シゲーッ」という声援が飛んでいました(笑)。シゲさんファンが周りに複数いたのですね。で、お二人とも普通に上手でした。歌った後にまたナニかのアーティストになりつつ捌けていかれた気がします(笑)

リーダーがボーイスカウトのような格好(?)で登場。
そもそもジャンボリーというのは

「ボーイ-スカウトの大集会。キャンピング・競技・作業などの催しを行う。」なのだ(大辞林 第二版 (三省堂)より)そうですが(笑)、

まさしくリーダーはボーイスカウトのリーダーの人にぴったりです(笑)。
そこで、「ジャンボリーの歌」というのをフリつきで指導(笑)を受けました。2年前のジャンボリーでもあったそうで、指導なしでも歌ってフリもできる人が結構いました。「わからなくても大丈夫ですよ。わからない人が普通ですよ」とわからない人たちにフォローをいれつつ(笑)指導するリーダー。前回と違うのは、新人の宮崎さんより教えて貰った逆ピースが最後に入ったことだそうです。

・・・だんだん記憶がない部分になってきて文章がますますいい加減になりつつあります。読んでくださっている方がもしいたら(汗)もうしわけありません。とりあえず(2)はここまで・・・・。
| CUE/NACS他 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:34 | - | - |
■■ MAUKIE ■■
◆RECOMMEND

猫さまとぼく
猫さまとぼく
岩合 光昭

サーチ:
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト


■■BBS■■
◆LINKS
■■ Blog People ■■  
BlogPeopleガチャガチャブログ
■■ My Blog List ■■
myblogバナー
◆PROFILE
体型は近い(自虐)

◆MAIL FORM
メールでご連絡のある方は こちらからお願いします。 ([+]をクリックしていただくとFORMが表示されます)
topへ戻る













ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。