クリックでTopへ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
◆SEARCH

◆CATEGORIES
◆NEW ENTRIES
◆RECENT COMMENTS
◆RECENT TRACKBACK
◆ARCHIVES
◆OTHERS
RSS1.0
Atom0.3 ジュゲムバナー ペパーボーイバナー ブログドウメイ
JUGEM TEMPLATER 同盟
大泉洋バカ同盟

adminID:

password:


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 今更ながら、四国R-14(最終夜・メイキングオブ) | main | (アテネじゃありません)オリンピックの道第一弾 >>
今更ジロー(古謎)旅の達人第五弾「中国東南アジア編」
自己満足の世界2番目。

18日の1×8行こうよ!は旅の達人第五弾「中国東南アジア編」兇任靴拭

冬景色(?)の特急オホーツクマレー鉄道に乗っているYOYO'Sの2人。緑色の車両(グリーン車)に乗せてもらえず青い列車(普通指定)に乗っているため満席の車両の中では幾分小声でしゃべっています。駅弁を食べながら札幌マレーシアにやっとつきました。



マレーシアといえば熱帯雨林なので、さっそく熱帯雨林にでかけてジャングル探検にでかけることになりました。円山動物園マレーのジャングルでマレー○○という名前の動物を探すということになりましたが、大泉さんが「それは見つけるのはマレーですね」と言ったので、木村隊長に見捨てられそうになりあわてておいかけていました。

探検(?)しているうちに、何故か放し飼いにされているラッパチョウという鳥と対決する大泉さん。鳥にもちょっと腰が引けて対決してます。そのためラッパチョウが片足をあげてフンをしただけでちょっとビビっていました。

鳥類にはマレーとつくものがいなかったので猛獣がいるところにもいきましたが、オリに入っている動物にびびらされただけで見つけることはできません。

色々な熊がいる場所に着き、あまりに大きな熊をみつけて「入ってる。玄武さんが。」と大泉さんが言ってました。(玄武さん・・・まだ北海道ローカルな番組にでていらっしゃるのでしょうか・・・たしか漫画家の赤塚不二夫さんに昔世話になっていたらしい太った人だった気が)。

熊の中にやっと”マレー”グマというマレーが付いているのを見つけましたが、思いのほか木村隊長にお顔が似ています。さっそく探検結果としてマレーグマのスケッチを始める二人。大泉さんの絵は、Papasを着た(笑)木村さん似のかわいいマレーグマさんです。一方独自な絵心爆発の木村さんのほうは・・・あまりにショッキング(笑)な絵のためCMになってしまいました。

CM明けに公開された木村さんの絵は、「足の裏を強調した、何かをくわえたような、身体はアリモノ(?)ですませた」フシギな熊の絵でした・・・。

15000km(嘘)以上移動しているYOYO'sですが、次の行程は・・・と言っていると後ろからアヤシイ中国人がやってきました。それは大泉さんに「仕事をえらべ!(例:ハダカで滑り台を降りてきて温泉をレポートする等)」と言われている佐藤重幸さんだったのですが、あまりに力をいれて次の行程の説明をするので、木村さんに「リキまなくてもいいから」とダメだしをされてしまっています。しかし、結局力説しながら、大泉さんと木村さんをエアガンで脅し(?)ながら次の行程、国境越えにつれていってしまいました。

国境越えの場所はマレーシアの黄金の三角地帯です。ここでも力説を注意された佐藤シゲさんは、今度はレポーター風の説明をしてまた大泉さんに攻撃をうけていました。

大泉さんと木村さんはマレーのジャングル探検の格好に定置カメラつきのヘルメットをかぶっているため「集団下校状態の最高に莫迦な兄弟(大泉説)」のようですが、ここは国境のためエアガンで抜けて行かねばなりません(笑)。

YOYO'Sの二人はエアガンの事を全く知らないので、ガンマニアの佐藤シゲさんより撃ち方の指導を受けましたが、弾をよけることができなさそうな木村さんの方が打つのは上手そうです。大泉さんは、弾を撃つこと自体にびびっている上に自分で売った弾が足にはね返って痛がっていました。

木村さんを一人で向かわせることはできないので、佐藤シゲさんが一緒にいってしまい、大泉さんは置いて行かれてしまいました。最初の約束では、後で佐藤さんが迎えに来てくれるはずでしたが、「シゲ〜どうしたらいいのぉ〜」との叫びも虚しく、「大泉ぃ!すまん、そっちにいけない」と言われてしまいました。

そうこうしているうちに木村さんは弾切れになってしまい、佐藤シゲさんが弾を打ちながらに国境までと二人で特攻していくことになりました。その間になんとか大泉さんが自力でエアガンをうちながら、1人倒して大喜び。大泉さんも国境までつくことができました。

これで国境越えは終わり・・・だったはずでしたが、最初イヤがっていたはずの大泉さんはすっかりはまったらしく、佐藤シゲさんが今度は敵側にまわって2回戦をすることになりました。

ガンマニアらしく佐藤シゲさんは大きな銃で対抗してきましたが、最後に弾切れになってしまい、YOYO'Sの二人のほうが勝ち、佐藤シゲさんの正体?をあばくために変な中国人風の帽子(とカツラ)を取ってみると、金髪がバれてしまい「これじゃあ、どさんこにでれないよぉ」とシゲさんがいっていました(笑)。

大泉さんに「本当に弾にあたらなかったのぉ?」と聞く木村さんでしたが、大泉さんが「全然あたりませんでしたよ」と答えると、フシギ(?)そうに「ボクは2.3発あたったよ〜」と言っておりました。木村さん・・・すでに2.3回死んでいます・・・。

・・・・今日の(夏休みの)宿題はここまでぇい(意味不明)・・・もう疲れちゃったよぉ(泣きが入っている)。

| 1×8 | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - |
■■ MAUKIE ■■
◆RECOMMEND

猫さまとぼく
猫さまとぼく
岩合 光昭

サーチ:
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト


■■BBS■■
◆LINKS
■■ Blog People ■■  
BlogPeopleガチャガチャブログ
■■ My Blog List ■■
myblogバナー
◆PROFILE
体型は近い(自虐)

◆MAIL FORM
メールでご連絡のある方は こちらからお願いします。 ([+]をクリックしていただくとFORMが表示されます)
topへ戻る
管理者の承認待ちコメントです。
| 2010/06/28 2:18 PM |













ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。